妊活中に控えた方が良い物とは

妊活中に控えた方が良い物とは

べビ待ちをしている人の場合には、いつ妊娠をしても、胎児に影響が起きてしまう事がないようにする事が大切となりますから、日頃の食生活に注意して過ごしましょう。

 

カフェインは、飲み物の中で、できるだけ避けた方が良いとされている成分となりますが、食事の中でも、べビ待ちの人は避けた方が良いとされている食べ物はたくさんあります。

 

生肉を食べる事で、トキソプラズマに感染してしまう可能性があります。

 

トキソプラズマに感染してしまうと、流産や死産を起こしやすくなってしまいますし、胎児が水頭症と呼ばれる障害が出てしまう事があります。

 

さしみなどの生魚も、水銀が含まれているため、過剰に摂取してしまう事で、胎児に神経障害や発達障害が出てしまう事がわかっています。

 

チーズは、カルシウムを含むので、妊婦には良いのではないかと考える人が多いのですが、妊婦になると、免疫力が弱くなってしまうため、チーズや生ハムなどに含まれている菌を体の中でやっつける事ができず、リステリア食中毒になってしま事があります。

 

リステリア食中毒になってしまうと、流産や死産となってしまう可能性が高まりますから注意しましょう。

 

生卵の場合、卵の殻に、サルモネラ菌が付着している事が多く、生卵を妊婦が食べる事で、感染してしまい、流産や死産となってしまう事があります。

 

その他にも、ウコンやシナモン、タイムやセージ、バジルやナツメグなど、子宮を収縮させてしまう事がわかっていますから、べビ待ちをしている場合には、避けるようにしましょう。

 


 

関連ページ

高齢の人の妊活を探る
高齢の人の妊活についてご紹介していきます。高齢になるとどうしても妊娠しづらい体になってきます。原因としては、卵子の質の低下があげられます。40歳を超えてしまった場合は、出来るだけ早めに不妊治療を開始するのが望ましいでしょう。
妊娠の初期症状とは?
妊娠の初期症状とは?についてご紹介いたします。初期症状としては、体のだるさを覚える人が多いようです。また眠気が強くなる人もいるそうです。その他あるようですが、妊娠かどうか知りたい場合は、やはりじっくり待ち、産婦人科へ行くか、妊娠検査薬を利用しましょう。
妊娠しやすい時期を調べる
妊娠しやすい時期を調べる事についてご紹介していきます。妊娠を待っている方は、基礎体温を毎日測るようにしましょう。基礎体温を測っておくと、ある程度の周期がわかってきます。ですので、ベビ待ちの方にまずおすすめしたいのが基礎体温をつけることなのです。
基礎体温の正しいはかり方とは
基礎体温の正しいはかり方についてご紹介いたします。基礎体温は正しくはかれていないと意味がありませんので、毎日きちんとはかるようにしましょう。正しくはかれていれば、排卵日などを予測する事が可能になります。
妊娠しない原因を探る
妊娠しない原因を探る事についてご紹介いたします。妊娠をしない原因はさまざまですので、なかなか妊娠しないとおもったら、クリニックに通うことをおすすめします。原因がわからないまま待っていても年齢だけが進んでしまいます。