妊娠しやすい時期を調べる

妊娠しやすい時期を調べる

べビ待ちをしている場合には、基礎体温を毎日はかりましょう。

 

基礎体温をつける事で、排卵日を知ることができますから、妊娠しやすい時期を知ることができ、タイミングをはかりながら、性交渉を取り入れる事が可能となります。

 

基礎体温は、高温期と低温期に分かれています。

 

生理が来ると、低温期になり、体温が一定以上上がらない状態が2週間程度続くことになります。

 

そこから急激に体温が上がる時が、排卵の目安となります。

 

排卵を境に、体温は上がったまま、次の生理が来るときに、再度、また低温期に下がるのですが、妊娠をした場合には、高体温が継続したままとなります。

 

高温低温といっても、それほど大きな差があるわけではなく、その差は0.3度から0.5度程度となっていますから、基礎体温を計ることができる体温計を使用しないと、基礎体温を正確に計ることはできません。

 

基礎体温を計ることで、排卵日をチェックする事が出来るだけではなく、次の生理日も予測しやすくなりますし、排卵があるのかどうかもわかります。

 

しっかりとした低温と高温に分かれていない場合には、無排卵である可能性もありますから、参考にしやすいでしょう。

 

べビ待ちをしている人にとって、基礎体温を付け始める事が一番初めのステップであるとされていますし、妊娠をした時にも、比較的早い段階でわかるとされていますから、べビ待ちをしている人がまずはじめに準備をする事としては、基礎体温を計ることができる体温計と、基礎体温表の準備となる事でしょう。

 


 

関連ページ

高齢の人の妊活を探る
高齢の人の妊活についてご紹介していきます。高齢になるとどうしても妊娠しづらい体になってきます。原因としては、卵子の質の低下があげられます。40歳を超えてしまった場合は、出来るだけ早めに不妊治療を開始するのが望ましいでしょう。
妊娠の初期症状とは?
妊娠の初期症状とは?についてご紹介いたします。初期症状としては、体のだるさを覚える人が多いようです。また眠気が強くなる人もいるそうです。その他あるようですが、妊娠かどうか知りたい場合は、やはりじっくり待ち、産婦人科へ行くか、妊娠検査薬を利用しましょう。
基礎体温の正しいはかり方とは
基礎体温の正しいはかり方についてご紹介いたします。基礎体温は正しくはかれていないと意味がありませんので、毎日きちんとはかるようにしましょう。正しくはかれていれば、排卵日などを予測する事が可能になります。
妊娠しない原因を探る
妊娠しない原因を探る事についてご紹介いたします。妊娠をしない原因はさまざまですので、なかなか妊娠しないとおもったら、クリニックに通うことをおすすめします。原因がわからないまま待っていても年齢だけが進んでしまいます。
妊活中に控えた方が良い物とは
妊活中に控えた方が良い物についてご紹介いたします。妊活中に控えた方が良いものの代表はカフェインです。他にも、生肉や生ハムには注意しましょう。結構知らない方も多いようですが、覚えていて損はありません。他にもいろいろありますので、妊娠中の食べ物には細心の注意が必要です。