高齢の人の妊活を探る

高齢の人の妊活を探る

高齢となると、誰しも妊娠しづらい体になってきます。

 

初産でない人でも、妊娠しづらい体になってしまう事が多いとされていますから、歳を重ねている人の場合には、何も取り入れず、べビ待ちをしているだけでは、中々妊娠しないような場合も多いとされています。

 

高齢出産と呼ばれるのは、35歳以上の初産である人とされており、それだけ妊娠をするリスクも、出産をするリスクも高くなってしまうと言われています。

 

妊娠しづらくなる原因としては、卵子の質が低下してしまう事が原因であるとされています。

 

卵子の質が低下してしまう事で起こる事としては、卵子の膜が非常に厚くなってしまっており、精子が入り込むことができなくなってしまうような場合もありますし、染色体異常が起きており、受精したとしても、細胞分裂を繰り返す途中で成長する事が出来なくなってしまうような場合もあります。

 

比較的妊娠しやすいとされている20代であっても、自然妊娠をする確率は、25パーセントから30パーセントであるとされており、べビ待ちをしている人が非常に多い世代である30代後半になると、自然妊娠の確率は、18パーセントにまで落ち込みます。

 

40歳を超えると5パーセント、45歳を超えると1パーセントとなっており、歳を重ねると、それだけ自然妊娠をしにくい状態となってしまいますから、べビ待ちをしている人の場合には、自分の年齢を考えた上で、高齢である場合には、出来るだけ早く不妊治療を開始すると良いとされています。


 

関連ページ

妊娠の初期症状とは?
妊娠の初期症状とは?についてご紹介いたします。初期症状としては、体のだるさを覚える人が多いようです。また眠気が強くなる人もいるそうです。その他あるようですが、妊娠かどうか知りたい場合は、やはりじっくり待ち、産婦人科へ行くか、妊娠検査薬を利用しましょう。
妊娠しやすい時期を調べる
妊娠しやすい時期を調べる事についてご紹介していきます。妊娠を待っている方は、基礎体温を毎日測るようにしましょう。基礎体温を測っておくと、ある程度の周期がわかってきます。ですので、ベビ待ちの方にまずおすすめしたいのが基礎体温をつけることなのです。
基礎体温の正しいはかり方とは
基礎体温の正しいはかり方についてご紹介いたします。基礎体温は正しくはかれていないと意味がありませんので、毎日きちんとはかるようにしましょう。正しくはかれていれば、排卵日などを予測する事が可能になります。
妊娠しない原因を探る
妊娠しない原因を探る事についてご紹介いたします。妊娠をしない原因はさまざまですので、なかなか妊娠しないとおもったら、クリニックに通うことをおすすめします。原因がわからないまま待っていても年齢だけが進んでしまいます。
妊活中に控えた方が良い物とは
妊活中に控えた方が良い物についてご紹介いたします。妊活中に控えた方が良いものの代表はカフェインです。他にも、生肉や生ハムには注意しましょう。結構知らない方も多いようですが、覚えていて損はありません。他にもいろいろありますので、妊娠中の食べ物には細心の注意が必要です。